【挑戦する人#10】学生限定無料サーバーを提供する高校生エンジニア寺﨑優葵

【挑戦】テクノロジー

プロフィール

2003年12月25日生まれ。千葉県出身。中学2年生の時に趣味用にサーバーを購入。その後、学生限定の無料のレンタルサーバーを提供。中学3年生でロボコンチームSAKURA Tempestaに参加し、現在SAKURA Tempestaリーダーを務めている。

寺﨑優葵のSNS

        

どんなことに挑戦中?

『家庭状況にかかわらず、どんな学生も技術を学べる環境を作る』ことに挑戦中です。

近年、プログラミングやロボットなどの理系分野に興味がある学生がとても増えています。私もその一人でした。私は幸いパソコンもあり、開発用のサーバーも借りていたため、不自由なく学ぶことができました。

しかし、サーバーを借りることができない人や、プログラミングやロボット制作をする環境がない人がたくさんいることを知りました。だから、家庭環境に左右されずプログラミングやロボット制作に挑戦できる環境を作っています。

これまでの取り組みを教えてください

個人的な活動

このサーバ(TeraServer)が一般的なレンタルサーバーと違うのは、様々なプログラミング言語を使用できること、常時起動するようなプログラム(BOTなど)も稼働させることができることです。

TeraServer HP
https://tera-server.com

SAKURA  Tempestaとしての活動

SAKURA Tempestaは、2017年に千葉県で作られた、FRCというロボコンに参加する中高生国際ロボットチームです。このチームは他のロボコンチームと違い、大会に出場するだけではなく、参加にかかる費用をスポンサーから集めたり、アウトリーチ活動として、社会貢献をしています。

(1人で写っている写真がなくて、ごめんなさい)

また、制作するロボットも高さが1m以上、重さ50Kg以上と大型なのが特徴です。SAKURA Tempestaでは、アウトリーチ活動を重視しており、理工チャレンジイベントなどとして、スポンサー企業様と共同で200人以上の中高生にロボット製作やプログラミングの楽しさを教えています。

リサーチアンドソリューション様イベント(参照:https://sakura-tempesta.org/research-and-solution-joint-workshop/


SAKURA  Tempesta HP
https://sakura-tempesta.org/

今後の展望や将来、挑戦したいことは?

今後のTeraServerとしては、利用者の拡大や、独自ドメインが使用できる環境の整備などを行っていきたいと思います。

SAKURA Tempestaとしては、NPO法人を設立(6月上旬の設立)目指しています。日本でのFRCおよびSTEM教育の普及をはかっていきたいと思っています。

取り組みたいSDGsカテゴリーがあれば教えてください。

TeraServer、SAKURA Tempestaに共通しているのは「理系教育」そして、「家庭環境などにかかわらずチャレンジ出来る環境を作る」ということだからです。

あなたにとって、挑戦を続ける理由(エネルギー)は何だと思いますか?

やはり、喜んでくれる人がいることだと思います。

お金以外に欲しい支援はありますか?

TeraServerでは、機器等の支援がほしいと思っています。(firewall製品、ネットワークルーター、ラックサーバー本体、サーバーラックなど)基本的には自費でサーバーを管理し、運営していますが、必要な機器を提供いただけたら助かります。

SAKURA Tempestaでは、メンバーおよびメンターが不足しているので、参加していただけると助かります。

ChallengeFunより

ライターの加藤路瑛です。寺﨑さんとの交流は1年半前からあり、僕が立ち上げたメディアTANQ-JOBでリンク切れがあるのをご指摘くださったことから始まってました。その後、僕が立ち上げようとしたU-18クラウドファンディングにも、挑戦者として立候補くださり、プロジェクト文もほぼ完成されている状態でした。結局、クラウドファンディングのプラットフォームはβ版でクローズしてしまい、寺﨑さんには申し訳ないことをしてしまいました。(あの時は、本当にすいません。その顛末はTANQ-JOBで掲載中です)

その後、僕は、寺﨑さんがメンバーになっている中高生ロボコンチーム「SAKURA Tempesta」のクラウドファンディングのアドバイザーとして参加させていただきました。第1目標金額を超えて、ここからという所でしたが、新型コロナウイルスの影響でロボコンの世界大会が中止になってしまいました。とても残念ですが、来年の世界大会出場に期待です!

僕も、SAKURA Tempestaがロボコンを作成している現場にお邪魔させていただいたことがあります。その時に寺﨑さんにお会いすることができました。

そんなご縁が続く中で、今回、寺﨑さんをChallemgeFunで紹介できるのはとても嬉しいです。是非、応援お願いします!

この記事が面白い!応援したいと思ったら

是非、ご支援お願いします。いただいた支援金は、寺﨑さんとチャレンジファンでシェアされ、寺﨑さんには「取材協力費(インタビュー協力費)」をお渡しします。