【応援する人#3】「お金での支援は応援の気持ちがより伝わりやすいから」おはいさん

応援する人

挑戦する人だけが輝いている訳ではない。挑戦する人だけがスポットライトを浴びるだけでは応援社会とは言えない。Challenge Funでは応援する人も挑戦者と同じように紹介していきます。

自己紹介をお願いします

32歳 カフェでアルバイトをしています。

Twitter:https://mobile.twitter.com/ohay4991

これまでのスポンサー(応援・支援)の実績を教えてください。

CAMPFIRE
https://camp-fire.jp
READYFOR (レディーフォー)
https://readyfor.jp
A-port 朝日新聞社
https://a-port.asahi.com
polca
https://polca.jp
note
https://note.com
ビスケット
https://bis-cuit.jp

あとは、Amazonほしい物リストからプレゼントしたり、直接相手の銀行口座に振込をしたこともあります。

イチオシの挑戦者を教えてください。

認定NPO法人D×Pの理事長を務める今井 紀明さんです。

この認定NPO法人D×Pでは、「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」をビジョンに、通信制や定時制の高校生を対象に「人とのつながり」をつくる取り組みと高校生が卒業後も自分らしく生きていくことができるように、進路や就職に関するサポートをオンラインと関西や関東などの高校内で行っています。

今井紀明さん:1985年札幌生まれ。高校生のとき、イラクの子どもたちのために医療支援NGOを設立。イラクで武装勢力に人質として拘束され、帰国後、日本社会からバッシングを受ける。対人恐怖症になるも友人らに支えられ復帰。2012年にNPO法人D×Pを設立。

D×PのWEBサイト
https://www.dreampossibility.com
今井紀明さんのTwitter
https://mobile.twitter.com/NoriakiImai
今井紀明さんが現在挑戦しているクラウドファンディング
https://camp-fire.jp/projects/view/212172

どんな人を応援したくなりますか?

やさしい社会づくりのために努力している人、助けを必要としている人、目標に向かって努力している人です。

なぜお金まで出して応援するのでしょうか?

応援している気持ちを言葉以上により相手に伝えられるからです。

挑戦者と応援者の理想的な関係は?

応援者が挑戦者に圧力をかけ過ぎないwin-winな関係。

応援することで得られる価値とは?

感謝される、信用してもらえる、注目されることです。

Challenge Funより一言

おはいさんは、チャレンジファンを運営している加藤路瑛の書くnoteの1記事1記事にサポート(投げ銭)をしてくださる方です。おはいさんの行動に注目するとpolcaなどへの支援も色々な方にされていました。応援しているという言葉だけでは伝えられない気持ちをお金という分かりやすいもので伝えられているのだと感じました。


キュレーター:かとうじえい