【応援する人#2】「真のイノベーターを応援したい」荒井宏之(ピンキー)さん

応援する人

挑戦する人だけが輝いている訳ではない。挑戦する人だけがスポットライトを浴びるだけでは応援社会とは言えない。Challenge Funでは応援する人も挑戦者と同じように紹介していきます。

自己紹介をお願いします

新規事業やスタートアップに対して、「失敗体験」をもとに失敗確率を下げるビジネス・プロセス・マネージメントのファシリテーターをしています。

「誰もがイノベーションを起こせる世界を創る」ことを目指し、「新価値創造と人材育成を科学(=再現性のある仕組み化)」する経営思想家です。

Twitter: https://twitter.com/hiroyukiarai
Facebook: https://www.facebook.com/hiroyukiarai.pink
NewsPicks: https://newspicks.com/user/129130
Blog: http://hiroyukiarai.jp/
Profile: http://hiroyukiarai.info/

これまでのスポンサー(応援・支援)の実績を教えてください。

  • スタートアップへのエンジェル投資:数社、1件あたり数十万円
  • スタートアップへのハンズオン支援およびメンタリング:累計500社超
  • 無償スポンサー(直接、クラウドファンディング、ハンズオン):累計10名超

イチオシの挑戦者を教えてください。

加藤路瑛。

閉塞感のある現代において、その若さにも関わらず物事の本質を捉え、その若さゆえ不確定の未来へ道を切り拓く情熱と行動力を兼ね備えてます。

輝かしい未来を自身だけでなく周りを巻き込んで大きなムーブメントを起こす能力があると感じられたのが一番の理由です。

彼がやってることに対して、違和感を感じることはもちろんゼロではないですが、それは旧世代の固定観念からくるものである可能性はあるので、その違和感は率直に伝えながら、彼の信じる道を進んでもらうためにできる範囲で最大限のサポートをしたいと考えています。

加藤路瑛(かとうじえい)株式会社クリスタルロード取締役社長。12歳の時に起業。当サイトChallengeFunを運営。子どもを理由に「今」をあきらめなくていい社会をつくることをビジョンに掲げている。荒井さん(ピンキーさん)に起業家メンタリングを受けている。
https://fun.crystalroad.jp/archives/144

どんな人を応援したくなりますか?

クレイジーと呼ばれても今の「当たり前」を疑い、その本質を捉え、未来の「当たり前」を創るために、「情熱」と「衝動」を持ち、圧倒的な「行動力」で前へ進み続け、成功するまで「執念」をもってやり続けられる人。それがイノベーターです。

その「情熱」に共感し、共鳴し、ディスカッションの中でその夢をより最大化できる可能性があったり、経験や知識がその成功に向けて役に立つのであれば、積極的に応援・協力します。

なぜお金まで出して応援するのでしょうか?

自分がこれまで生きてこれたこと、成長できたこと、ある程度成功したと思えるまでになれたことは、先人たちが培ってきた仕組みやメソッドを活用できたことであり、また師匠や先輩たちから教わってこれたからで、僕一人の力で成し遂げたものではありません。

その恩は直接返すことももちろん大事ですが、それ以上に後進たちへ僕の経験を伝えることが少しでも未来を明るくし、子どもや孫の世代によりよい国を、よりよい世界を残すために必要だと考えているためです。

挑戦者と応援者の理想的な関係は?

互いの価値観を尊重しながら、率直に感じたことをぶつけあい、互いに高め合える存在であること。

応援することで得られる価値とは?

成長とは、これまで生きてきた中で固定化された価値観を捨て、新たな価値観に触れることで、自身の価値観をアップデートすることに他ならないと考えています。

そのため応援者やメンターとしての立場であっても、挑戦者は年齢も経験値も関係なく、新たな学びや気づきを与えてくれる存在です。

Challenge Funより一言

荒井さん(ピンキーさん)は、このサイトChallengeFunを運営する加藤路瑛のメンターです。基本的に好き勝手にやっていますが、本当に困った時に相談させてもらったり、勉強させてもらったりしています。

イチオシの挑戦者が僕、加藤路瑛になっているので内輪ネタのようになってしまい申し訳ないですが、そう思ってくれるメンターと出会えて嬉しいです。


キュレーター:かとうじえい